Alm
Photo Gallery

Portulacaceae
スベリヒユ科 2


Lewisia rediviva x pygmaea
 
Lewisia brachycalyx 'Rosea'
Lewisia rediviva x pygmaea
レウイシア・レディビバ × ピグマエア

 ピグマエアの性質が強く出て多花性。性質が強く作り易い。花弁数はピグマエアより多く、花も大きい。自生地で見つかった交雑種で、珍しいことに種子で繁殖できる。
  Lewisia brachycalyx 'Rosea'
レウイシア・ブラキイカリックス・ロゼア
 カリフォルニアとアリゾナ州に分布。基本種は白花だが、稀にピンクを帯びる個体がある。休眠中の湿度管理がやや難しく、あまり栽培されていない。
Lewisia  'Little Plum'
 
Lewisia 'George Henley'
Lewisia 'Little Plum'
レウイシア「リトル・プラム」

 コンパクトでも多花性・大輪。英国Ingwersenナーセリー作出の最新品種で、花数が多く着き栽培も易しい。
  Lewisia 'George Henley'
レウイシア「ジョージ・ヘンリー」

 L. columbiana x L. cotyledon。古い交配種で、性質は強いが、増殖はカッティング(挿し芽)のみなので、一向に普及しない。
Calandrinia caespitosa 'Skottshergii'
 
Talinum sediforme
Calandrinia caespitosa 'Skottshergii'
カランドリニア・カエスピトーサ「スコッツシェルギイ」

 カランドリニア属はアルゼンチンとチリを中心に多くの種が分布している。栽培が難しい種も多いが、この種は割合に丈夫。普通はピンクの小さな花を咲かせるが、スコッツシェルギイはアンデス南部パタゴニアで新たに採集された変異タイプで、花はゴールド。しかも大輪。丈5cm 。性質はレウイシアに近い。。
  Talinum sediforme
タリヌム・セディフォルメ
 アメリカ北西部産。レウイシアに近い植物だが、ロゼットではなく、匍匐する短い茎に多肉の葉をつける。
Claytonia lanceolata
 
Claytonia megarhiza v. nivalis
Claytonia lanceolata
クレイトニア・ランケオラータ
 ワシントン州Yakima 1600m産。この仲間には珍しく、夏に休眠する球根性の春咲植物で、丈10cm、葉は少し肉厚。花は径2cm余りの白花で紅紫の筋が入る。
  Claytonia megarhiza v. nivalis
クレイトニア・メガリザ・ニワリス
 ワシントン州Wenatchee山脈産。外見はレウイシアに似るが半日陰を好み、水もレウイシアより必要。これは常緑。

| インフォメーション | | オリジナル植物 | | 通信販売・オンラインリスト |

| アルパインガーデニングって何? | | アルパインガーデニング入門 |